DriveSafely

アクセスカウンタ

zoom RSS 高齢者の道路交通安全 ヨーロッパ委員会の報告書より

<<   作成日時 : 2016/04/24 10:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



日本の現状は、警察庁、地方公安委員会、行政機関、メディアまで、高齢運転者は社会に危害を加える危険運転者であるとの迷信に取りつかれている。これはヨーロッパの20年前、1990年代の状況の様相である。

以下のレポートは、今までの私のブログに書いてきたことと殆ど変わりありません。

高齢者の運転免許を厳しくすることが、交通全体の安全に反する事実を新聞メディアに送ったこともあるが何の反応もありません。



以下は、欧州委員会の報告の私なりの内容紹介です。

たどたどしい私の日本語でなく、この文章が、英文の原文で読んだ人に批判され、信用される内容になることを期待して!



European Commission
Transport
Road Safety

Knowledge


高齢者運転

はじめに |

機能制限および物理的な脆弱性 |

高齢運転者に危険やリスクのある |

参考文献 |

機動性と生活の質に対する安全性は |

それについて何ができる |

高齢運転者の間で死者の将来の数に影響を与えるであろう要因は |



高齢運転に対し、このテキストは、事故の重大さと安全性の問題、関与する事故要因の性質、および対策の有効性に関する科学的研究をレビューをします。



誰がリスクか

高齢運転者は他の人にそれほど危険ではありませんが、彼らは自身に対するリスクは決定的です。

これは、高齢者の衝突事故が発生した場合、身体的脆弱性のために重傷や死亡リスクが高いことを意味します[82] 。その結果が、高齢運転者は、統計的に比較的高い死亡率を有するが、負傷率は、はるかに低いのです。

オランダの分析結果の表示例では、このことについて走行距離を考慮して示しています。それによると、高齢運転者の負傷率は2倍であるのに対し、75歳以上の高齢運転者の死亡率は、すべての年齢の平均よりも5倍以上高くなっています。

高齢運転者が危険ではないとの結論は、交通安全対策の推進において、高齢運転者を対象とした運転の制約につなげるべきでは無いことを示しています。

強調したいことは、すべての運転者が十分に安全である運転を継続できるようにすることです。それは、個々の身体的および精神的状態にも依存します。

一方、安全対策を設計する際に、高齢運転者の衝突事故の種類に関する特徴的な情報は考慮されるべきです。

高齢運転者は、典型的には、交差点で右折(左折)して方向転換する時、メインの道路の対向車線に対する通行権の判断ミスをすることが多いことです。

しかし、乱暴運転でコントロールを失うことや速度過剰。アルコールの影響下で運転への衝突の損失を伴うクラッシュは少ないのです。



機能的な制限や身体的な脆弱性

高齢道路利用者の交通安全は、次の二つの要因によって大きく作用されます。

その要因の一つは、衝突の結果として身体的な脆弱性が傷害重症度を増加させ、高い死亡率につながります。

第二の要因として、身体の機能的な衰えは、衝突のリスクを高めることになります。

高齢者の統計に表れる高い死亡率の第三の理由は、低い年間走行距離にあるようです。

統計的に、一般的により少ない距離を走行する運転者は、より多くの距離を運転する運転者に比べキロあたりの衝突率の増加が見られます。

高齢運転者の高死亡率に関する三つめには、おそらく最も大きな影響力を持つ運転者の身体的および精神状態(持病)に関係しています。

病気の既往症を持っている運転者は、他の運転者よりも脆弱な可能性が高いため運転の頻度が低くなり、少なくとも短い距離の移動になります。

機能的な減衰と障害は、すべての個人に同じ年齢で発生しません。 しかし、人々の年齢上昇とともに道路利用者の衝突事故の頻度を増加させる可能性が大きくなります。これは、特に筋力、微調整の能力、および身体の位置の急激な変化に適応する能力のような運動機能の低下の場合です。

視覚と認知機能の低下には、正常な老化の一部として、また、交通安全への影響を与えるいくつかの兆候があります。

唯一の深刻な、感覚的知覚、認知制限の場合の機能の減退が衝突の関与との関係を示します。例としては、白内障、黄斑変性、緑内障、および認知症、脳卒中、糖尿病などの疾患などの眼疾患です。

機能的な減衰や年齢関連の障害は、自動的に危険な交通行動につながりません。

高齢道路利用者の慎重な特性により安全上の問題を防止することができます。それは、道路が混みあっている場合、または、昼間と天候が良い場合、これらの中でも自分の限界についての洞察、運転経験、および補償の動作、このような運転の出来る場合です。

残念ながら、行動の補償にもかかわらず、衝突が発生した場合、高齢者は、若手よりも脆弱であり、同一の衝突衝撃は与より厳しい傷害となります。



今後の展開に影響を与えるであろう要因

様々な要因が高齢運転者の間で死者の現在の数の増減に寄与することになります。これらの要因は、自律の要因と交通安全対策に分けることができます。

自律的な要因の例としては、人口の年齢構成、高齢者の運転免許証保持者数、移動機会の数、および運転の経験です。これらの要因は、時代の経過に依存し、彼らの間で事故死者の将来の数に影響を与えることになります。

高齢者の運転あたりの移動性、運転免許証率の上昇、75歳と人々の数の増加は、高齢運転者の死者の数が増加します。

高齢運転者の増加は、しかし、将来の高齢運転者が今日の人々よりも経験豊富であることに起因する減少致死率によってトーンダウンされます。

道路の安全対策は、さらに将来的には高齢運転者の死亡率を減らすことができます。



未来を変えるために利用可能な措置の異なる主題

対策のいくつかのタイプがは、高齢運転者の間で死者の将来の数に影響を与えるために利用可能です。

計数的に高齢運転者の間で高い死亡率の原因を考えると、高齢者の死亡率を低下させることを目的としている装備の装着は、少なくとも、このようなアクティブおよびパッシブ車両の改良などの傷害の重症度を減少させることを目的としている機能を含むべきです。

高齢者の衝突の関与を減らすことができる方策はまた、彼らの死亡率の低減に寄与する安全性。このような対策の例としては、教育と訓練、インフラの適応、およびドライバー支援システムの提供があります。

身体機能の進行性の低下の場合には、インフラや運転の訓練および適応はもはや運転するために減少する適応性をを補うことはできません。したがって、運転のタイムリーな停止につながる手続きは必要です。可能性のある対策の手続きや医師との相談を必要としています。



モビリティと生活の質に対する安全性

彼らはまだ車を運転することができたときに人々が彼らの運転免許証を失うこととなった試験制度の手順の実例は、様々な理由のために望ましくありません。

まず、高齢者の自転車と歩行者の死亡率は、高齢運転者のそれよりも何倍も大きいのです。その結果、彼らは車の利用が一番安全なのです。また、高齢者は多くの場合、すでにバランスの喪失のためサイクリングを停止しています。

自分の車に別れを言うことは、彼らの社会生活の一部の別れに通じます。その結果、移動権の損失はかなりの苦痛と自尊心と尊厳の低下を引き起こすだけでなく、毎日の活動、ショッピング、社会的接触のための困難を生ずることになります。

車以外の交通手段の利用可能性は、高齢者の移動性を維持するために最も重要な方法の一つです。

しかし、移動手段の単一の形式では(たとえばバス利用)、すべての状況下で、すべての人々のためのモビリティを提供していません。そのため、サービスの多様性の組み合わせの提供が必要です。この中から特定の移動のための要件に合ったものを選択し、組み合わせることで旅行を可能に必要があります。

それには、これらのサービスが含まれます:公共交通機関、バスの運行路線、タクシー、ダイヤル・ライドのサービスなど。

道路には、徒歩または車椅子やスクーターによって移動するためのアクセス可能な歩行者インフラストラクチャを整備することです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高齢者の道路交通安全 ヨーロッパ委員会の報告書より DriveSafely/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる