DriveSafely

アクセスカウンタ

zoom RSS 「認知症社会」記事を読んで 朝日新聞 報道部内「認知症社会」係へ送った意見

<<   作成日時 : 2016/05/04 22:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

朝日新聞 報道部内「認知症社会」係へ送った意見
2016/02/24
tags: 認知症


image



2月21日「認知症社会」記事を読んで

見出しの表題 まるで販売スタンドで、なんとなく手に取る興味がわくかで勝負を分ける3流週刊誌の表紙のよう。 宅配で購読している読者の多い朝日新聞、どうしてこんな ”おぞましい” 見出しが必要なのか。新聞としての理性と品位、偏見を生まない正しく理解される根拠のある情報発信の使命に反しているように感じました。

認知症患者にも程度の差があり、全人格消失者とは限らない。たとえ全人格喪失者であっても、差別したり、人格の尊厳をないがしろにし、社会が強制的に差別・拘束・隔離したりすることは許されないことは先進社会の共通した理念であるはず。これは、身体障害者やさまざまな理由で起こる精神的障害者などに対する対応と同様でなけれがなりません。

社会における差別意識は、ほっておけば大衆の間で急速に蔓延することが分かっています。社会に責任のある洗練されたマスメディアの基準は、客観的に事実を分析し、社会的影響に配慮した理性的な総合判断を記事の中で示すべきと思います。

以上の観点からこの記事を見た場合、わたくしの印象は、社会的に見て稀で特異な事件を一般化しているように思えます。

記事の趣旨は、認知症患者を責任を持って介護している人たちの苦悩を伝える記事であると読み取るべきであろうことは分かりますが、だからと云って極端な事例をことさらに取り上げることは誤解と偏見を生むことになると思います。

現在、わたくしの知る限り、欧米の自動車交通先進国の医学的の論文では ”高齢者>認知症>危険運転>運転禁止” といった偏見に満ちた幼稚なな論調を見たことがありません。

欧米先進国のこの種の論文では、必ずといってもよいほど以下の様な内容の書き出しから始まっています。

”多くの高齢者にとって自動車運転は日常活動に重要な要素であり、自由な移動とその自立性は、自尊心に貢献している。”

交通事故の統計的分析では、高齢者の運転免許保持者増、生活の質の向上の結果である個人の外出のトリップ数の増加等にもかかわらず、それに比例するほど自動車運転死亡事故は増加していません。

これを見ても、大多数の高齢者は正常な人格を持ち、自分の判断や、家族・友人などのアドバイスを参考に、不必要な運転を自粛したり、運転をやめる判断をしているとみるべきであります。

それに反し、認知症の疑いで歩行に追い込み、一般道路に追い出すことは、自動車運転以上に危険で、OECD加盟の主な先進諸国でも、日本ほど極端ではないが高齢歩行者の事故死者の数は人口の高齢化率に従い増加しています。

フランスなどでは ”高齢者がまだ正常に運転できる間に誤った判断で運転をやめ、歩行に移ることは、かえって社会全体の交通事故死者を増やすことになる” という統計的事実に基づき、高齢者の運転免許条件を緩やかにした結果、全体の事故死者が減ったとの報告があります。また、ヨーロッパで交通事故死者率の少ない国は、いずれも運転免許の継続条件が緩やかで高齢者の運転免許保有率の高い国々であるという論文もあります。

道交法による認知症対策: 世界の民主主義先進国では、医学的に信頼できる学会誌でこのような安易な結論をしている論文を見たことがありません。現状は運転の適性に関する正確な医学的診断基準を模索中であり、標準として認められたものはないというのが本当のようです。

認知症で徘徊中の男性が列車にはねれれ死亡した事故に対しJR東海は遺族に損害賠償を求めた裁判、間もなく最高裁の判決が出るといいます。

一方、路上で認知症患者の死亡事故に関与した個人運転者、過失致死で逮捕され送検され、社会的、職業的に大きな損失を受けても、認知症患者の保護違反を理由に、遺族から損害賠償を請求できるのだろうか。訴訟を起こしただけでも反省していない極悪人とののしられるでしょう。

以上のようにこの問題は、単に認知症患者の運転をやめさせるだけで社会全体が安全になるわけではなく、総合的に判断されるべき問題であります。

新聞報道でお願いしたいのは、個々の特異な事例を記事にするだけでは社会的な迷信や偏見を醸成する結果になりかねません。興味本位で受け取る読者が無いよう、科学的に見て正しい判断ができる総合的な情報を発信する記事として構成していただきたい。

2016. 2. 24. 市川敏朗

メールでは、議論の根拠となるデータベース、図表、論文、レポートなどを添付できないので私の意見を検証していただくことができません。

一例として、以下の私のブログを見ていただければ幸いです。そこでは各種の問題に関し、できるだけ検証可能な資料の出典を添付して記事にしています。

退職地球物理研究者のつぶやき https://spaceglow.wordpress.com/

なお、このメールはブログにも公表いたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「認知症社会」記事を読んで 朝日新聞 報道部内「認知症社会」係へ送った意見 DriveSafely/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる